0120-99-8385

受付時間:平日9:00-18:00

※受付電話ですので必ず「GFS」の件とお伝え
ください。折り返し担当者からご連絡します。

\取材歓迎/
取材お申込は
こちら

新型コロナウィルス感染症に関する弊社の対応について
ABOUT GFS
– GFSについて –
ホーム > GFSについて > GFSの特徴

GFSの特徴

GFSの特徴

GFSは、講義数日本一の投資の学校です。
世界三大投資家など著名な講師陣による特別な授業が受けられます。
GFS独自の教育方法を取り入れた他にはない講義で、あなたの勉強をサポートいたします。

GFS独自メソッド

GFS独自メソッド

乗とは「乗数・乗法」など 掛け算の意味

例えばこれまでの金融教育は、「12×25」の答えを教えています。それではダメです。
それでは、「32×175」の問題に答えられないからです。
私達は12×25ではなく、「1×2」「1×5」「2×2」「2×5」を教えます。
つまり九九を教えます。これにより、どんな掛け算が出ても自分で答えを導き出すことが出来るのです。掛け算の九九にあたるものがGFSです。
これにより最小の勉強で最大の効果を出すことが可能です。これが「乗」です。
経済新聞はあえて言うならば「毒」です。経済新聞には答えがあり、それが毒なのです。
経済新聞を読んでいる限り、いつまでも自分で答えを導き出すことは出来ません。
巷では「経済新聞を正しく読む方法」などというセミナーがあります。もちろん講師は投資家ではありません。経済新聞なんて読むと投資では成功出来ません。
皆様にはGFSで学んで頂き「経済新聞を自分で書ける」状態になって頂きます。

束とは「包容・束ねる」という意味

皆さんはこれまで守られて教育を受けてきたはずです。
それが学校です。しかし大人になってからは、自己責任の名のもとに世に放り出されるのです。
これではダメです。誰かが覚悟を決めて、束ねるべきなのです。
そして、目的完遂までは包み込み続けるのです。
GFSでは講義動画を1000時間にすることを目指して日々動画を追加し続けています。
ゴールまで皆さんを育て上げます。それまでは諦めません。
もしも受講生から質問や不明点があればその部分を解説した動画を撮影して公開します。
このように徹底的に応援し、どんな人でも本当に正しい資産運用が身につく仕組みがここにはあります。

現とは「現実・リアリティ」という意味

机上の空論では意味がありません。現実的であり、実際に使える知識を持つことです。
使える知識のことを知恵と言います。皆さんにはあふれるほどの知恵を獲得して頂きます。
GFSでは投資家による投資教育を行います。
販売業者(銀行、証券会社、不動産会社)からの教育ではありません。
また、GFSでは、卒業後も現実的に知恵を活用するための制度を別途用意していますのでご安心ください。

メリット・デメリット

メリット・デメリット

GFS入学のメリット

投資・経済・金融に強くなり
世界経済の流れも分かる

他の学校・教材・書籍・
新聞を読む必要がなくなる

投資で利益が上がる

税金が節税出来る

家族や知り合いに
お金のアドバイスが出来る

公認アドバイザーとして
ビジネスも出来る

※GFS認定資格を取得後(難易度はかなり高め)

GFS入学のデメリット

学費がかかる

→皆さんはこれまで何百万円も学費を払って来ました。それに比べれば微々たるもの。
→これは自分という資産への投資。元本保証。高金利。
→株よりも不動産よりも、最も確実に儲かる投資は自分の頭への投資です。
死なない限り毎年お金を生み出します。

勉強時間が必要

→これまで学校教育で1万時間を受けてきた皆さんには微々たるものです。
→皆さんは仕事やアルバイトに慣れるのに3ヶ月はかかるでしょう。
1日8時間勤務だとして60日間なので480時間。つまり480時間でやっと仕事に慣れて成果を出せるようになります。投資も同じです。
勉強をせずに投資で成果が出るならば世界は崩壊します。
会社も無くなり、政府も無くなってしまいます。

上記デメリットは実はメリットです

学費が発生することでGFS側は責任を持って学びを提供する義務が発生します。
問題があればGFSのせいに出来ます。無料であればこうはいきません。
学費が発生するということは、それなりの対価を得ることが出来るということです。
iPhoneを買う時に10万円を支払いますね。
10万円の対価としてiPhoneが手に入ります。
カフェでコーヒーを買う時に450円かかりますね。その対価としてコーヒーが飲めます。
GFSの学費の対価として、あなたは投資成果が手に入ります。必要なお金です。
皆さんは安い投資の学校に入りたいと思いますか?
それではその安さに見合った対価しか得られません。
勉強時間が必要なことで人よりも勝つことが出来ます。
なぜなら誰もが勉強をしたくないからです。誰も勉強時間をとっていません。
日本人1億2800万人の中で投資について勉強時間をとっているのは、0.001%いるかいないかのレベルです。
ということは、あなたは投資で勝てる、得をするということです。
参入障壁と考えてください。
勉強が必要なことは喜ばしいことです。他の人が簡単に追いつけないからです。
とても素晴らしいデメリットですね。