投資初心者でも大丈夫!なにから始めるべきかステップ形式でお伝えします

投資初心者でも大丈夫!なにから始めるべきかステップ形式でお伝えします

投資を全くしたことのない投資未経験者は何から始めていいのか分からない。

という方がほとんどだと思います。私の場合、投資を始めたくても周りで投資をしている人もいなければ、教えてくれる人もいませんでした。まさに何から始めていいのか分からない状態でした。

現在は投資信託や個別株、ETFへ投資をし、ある程度利益を出すことができています。
実際に、投資初心者の頃に始めたつみたてNISAの現在の運用成績は28%となっています(2021年9月現在)。全くの投資初心者だった私でも利益を出すことができたのです。

そこで、この記事では以前の私のように、何から始めていいのか分からない投資未経験者に向けて

  • 投資初心者にオススメの投資方法
  • 投資を始めるまでの具体的なステップ
  • 投資で失敗しないために心得ておくべきこと
  • 投資初心者からよく聞かれる質問への回答
  • 投資初心者の私が投資を始めた方法

についてお伝えしていこうと思います。

この記事を読み終わる頃には、リスクのほとんどない方法で資産形成をスタートできるようになっているはずです。なぜなら、私の実体験を元に、投資初心者でも始めやすく、リスクの小さい投資方法を厳選したからです。

投資で失敗したくない、ダメージを負いたくない、でも投資で資産形成を始めたい。という方はぜひ最後まで読んでいってください。

投資初心者にオススメの投資方法3選

投資と一口に言ってもその種類は様々です。投資初心者でも比較的成功しやすいものから、ある程度の知識がないと失敗してしまうもの、資金力がないとできない投資や、節税効果のある投資まで。

実に様々な種類があります。そして投資をする人の状況に応じて投資手法も変わってきます。

下記画像は、代表的な投資商品のリスクとリターンをイメージ化したものです。

投資商品のリスクとリターン

画像からも分かるように、それぞれの投資には特徴があります。投資をしたことのない投資未経験者が何の情報もなしに、自分に合った投資手法を見つけるのは困難といえるでしょう。

そこで、この章では、投資初心者にオススメの投資手法を3つ紹介します。

オススメする基準は、成功しやすいか・リスクが小さいか・リスクなく学びがあるかの3つです。

投資初心者にオススメする基準

この基準に当てはまるのが以下の3つの投資方法です。

  • 投資信託での積立投資(成功しやすい・リスクが小さい)
  • ポイント投資(リスクが小さい・学びがある)
  • 少額での株式投資(リスクが小さい・学びがある)

それぞれ詳しく解説していきます。

投資信託での積立投資

投資初心者にオススメの投資方法①

投資初心者にまずオススメなのが「投資信託」での積立投資です。

投資信託は、投資のプロにじてすという意味があります。投資家から集めたお金をプロが運用するため、投資に関する知識がなくても問題ありません(ただし、投資先選びは重要です)。

積立投資がオススメな理由

投資信託の購入方法には

  • 一括で買う
  • 積立で買う

の2パターンがあります。一括投資とは、投資予定の資金を1度にまとめて購入する方法です。積立投資とは定期的に決まった額を購入していく方法です。

投資初心者には圧倒的に積立投資をオススメします。

なぜなら、積立投資は

  • 平均的な購入単価を安くすることができる
  • 買うタイミングを見極めなくて良い

からです。

以下に一括投資・積立投資のそれぞれの特徴と、向いている人をまとめてみました。

一括投資と積立投資の比較

このように、それぞれの投資の特徴や向いている人をみると、投資初心者には積立投資がオススメであると理解できると思います。

次に、一括投資と積立投資の運用成績をシミュレーションしてみましょう。

下記画像は、投資信託を最初に4万円買った場合(一括投資)と、4ヶ月間毎月1万円を積立投資した場合の運用結果のシミュレーションです。

一括投資と積立投資のシミュレーション

出典:金融庁 つみたてNISA早わかりガイドブック

シミュレーションでは、積立投資の方が、一括投資より平均的な購入単価を安くできることがわかりました。これを難しい言葉で表すと「ドルコスト平均法」と言います。

また、一括投資の場合、安く購入できればその分リターンも見込めますが、買うタイミングを見極める難しさがあります。

上記の理由から、投資初心者には一括投資よりも積立投資がオススメです。

投資信託での積立投資がオススメな理由は3つ

他にも、投資初心者にオススメできる理由が以下の通りです。

  • 少額から始められる
  • 分散投資が可能
  • 長期運用することでリターンが安定する
少額から始められる

投資信託は100円から購入することが可能です(証券会社によって異なります)。そのため、投資資金が少なくても投資を始めることができます

また、少額で始めることで、リスクを抑えることも可能です。失敗しても痛手を負わない金額で投資を始めることが出来きます。

分散投資が可能

投資信託は分散投資をすることが可能です。分散投資とは、投資先を分散するという意味です。投資先を分散することでリスクを分散することができます

なぜそのようなことが可能なのか。投資信託の商品は、投資先が様々なパッケージ商品になっていることがほとんどだからです。

例えば「世界株式」という商品の場合、世界◯◯ヵ国に投資をしている商品となります。「バランス型」という商品の場合、投資先は債券・株式・リート(不動産投資信託)など、様々な投資先の寄せ集めをした商品ということになります。

分散投資の例

少ない金額で分散投資ができることは、投資信託の魅力のひとつです。

長期運用することでリターンが安定する

投資信託での積立投資をする場合、長期で運用することをオススメします。なぜなら、長期で運用することでリターンが安定するからです。要は、投資初心者であっても失敗しづらい投資と言えます。

下記画像は、積立投資の保有期間5年と20年の運用リターン実績を表したグラフです。

長期運用の効果

出典:金融庁 つみたてNISA早わかりガイドブック

保有期間5年では、リターンにばらつきがあり、元本割れ(投資資金がマイナス)も見受けられます。しかし、保有期間20年になるとリターンがプラスに安定しています。長期間運用することで投資初心者であっても利益がだせる可能性が高いことが分かります。

非課税の「つみたてNISA」がオススメ

これまでお伝えしたことをまとめると、投資初心者が投資で成功する秘訣は

  • 長期・積立・分散投資

と言うことができます。この3つの要件を揃えたのが「つみたてNISA」です。さらに、つみたてNISAの大きな特徴は税金が非課税になることです。

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。

つみたてNISAの対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており、投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています。
出典:金融庁 NISAとは?

通常、投資ででた利益には約20%の税金がかかってしまいます。しかし、つみたてNISAは「家計の安定的な資産形成の支援」を目的に国が行なっている政策で、税金が非課税になります。

さらに、金融庁が厳選した投資信託にのみ投資が可能なので、投資先選びに失敗する可能性が低くなります(約6,000本ある投資信託の中から約200本まで厳選)。

現に、つみたてNISA対象の投資信託が全て含み益(プラス)になったというニュースが、日経新聞からだされました(2021年9月2日の記事)。

投資をしたいけど何から始めていいのか分からない。という方は税金が非課税になる「つみたてNISA」から始めてみてはいかがでしょうか。

リスクの少ないポイント投資

投資初心者にオススメの投資方法②

投資を始めてみたいという方の中には「リスクは取りたくない」「お金をかけるのは怖い」と思っている方もいるのではないでしょうか。

そのような方にオススメの投資手法は、ポイントを使ったポイント投資です。

ポイント投資とは
お金の代わりにポイントを利用して投資をすること。ポイントは、お買い物の際やクレジットカードの利用時にもらえるポイントのことです。

ポイント投資は、自分のお金を使う必要がないため、投資を始めるキッカケにすることができます。まずは試しに投資をしてみたい。と思う方は、貯まったポイントを投資に回してみてはいかがでしょうか。

ポイント投資には以下の2種類があることを覚えておいてください。

  • ポイントそのものを運用するもの
  • ポイントを使って投資商品を購入するもの

ここでは、後者のポイントを使って投資商品を購入する方法をオススメします。なぜなら、実際の投資商品を購入することができるからです。ポイント投資が可能なサービスは以下が挙げられます。

  • 楽天ポイント投資(楽天証券)
  • Tポイント投資(SBI証券・SBIネオモバイル証券)
  • dポイント投資(日興フロッギー)
  • LINEポイント投資(LINE証券)
  • ポンタポイント投資(auカブコム証券)

ポイントを使って投資商品を購入できるので、

  • まずは投資を試してみたい
  • 自分のお金で損をしたくない
  • 投資を始めたいけど一歩踏み出せない

という方にオススメです。

少額での株式投資

投資初心者にオススメの投資方法③

投資初心者にオススメの投資方法3つ目は「少額での株式投資」です。

株式投資は高いリターンが見込める分、リスクも大きくなります。しかし、積極的に資産を増やしていきたいのであれば、株式投資を外すことはできません。

そこで、まずはリスクを抑え、株式投資に慣れるためにも少額での株式投資をオススメします。

通常、株式投資では100株単位での購入が基本とされています。例えば、株価1,000円の株を購入する場合、10万円の資金が必要です。

しかし近年、株を1株や金額指定(証券会社によっては100円〜可能)して購入できるサービスが増えています。少ない金額で株式投資を始めることが可能です。

少額で株式投資をするメリットは

  • 仮にマイナスになっても損失が少なくて済む
  • 株式投資の実践勉強にうってつけ

なことです。逆に、少額での投資のため、リターンが少ないことがデメリットになります。

先ほど紹介した、ポイント投資を使って株式投資を始めることも可能です。手持ちのお金を失わずに、ポイントで株式投資の実践ができます。

投資初心者が投資を始めるまでの4ステップ

この章では、投資初心者が投資を始める際に必要な4つのステップについて解説していきます。

その4つのステップがこちらです。

  • ステップ1:収支を把握する
  • ステップ2:投資の目的・目標を考える
  • ステップ3:証券口座を開設する
  • ステップ4:実際に投資をする

投資を始めるステップ

ステップ1:収支を把握する

投資を始める第1段階として、収支を把握するようにしましょう。毎月いくら入ってきて、何にどれくらい使っているのか、ご自身で把握していますでしょうか。

一見、投資と関係のないように思われる収支の把握ですが、実は大事な作業のひとつです。

なぜなら、先ほどの章でお伝えした、投資初心者が投資で成功する要件は「長期・積立・分散投資」でしたね。この「長期・積立」を行うのに、毎月一定額を投資に回すことが必要になります。

毎月いくら投資に回せるお金があるのか、まずは確認することが必要になってきます。

家計簿をつけるのが苦手な方は、スマホアプリで簡単に記入できるものがオススメです。まずは1ヶ月続けてみてください。

ステップ2:投資の目的・目標を考える

次に、なぜ投資をするのか、その目的や目標を考えてみましょう。

こちらも先ほどと同様、投資と関係ないように思われますが、投資方法や投資先を決める上で大事な要素となってきます。また、目先の利益に流されたり、感情的になることも抑えることができます。

言わば、目的や目標を決めることで上手に資産運用をすることができる、と言えます。

例えば、以下のような投資の目的や目標がある場合、考えられる投資手法は変わってきます。

目的・目標考えられる投資手法
老後資金つみたてNISAを利用した長期投資
子供の学費ジュニアNISAなどを利用した投資
資産を5年で2倍にしたい株式投資
不労所得が欲しい不動産投資や配当金のある投資

上手に資産形成をするためにも、投資の目的や目標を決めてからスタートするようにしましょう。

ステップ3:証券口座を開設する

証券口座を開設しなければ、投資を始めることはできません。そういう意味で言うと、証券口座の開設はステップ0(1番最初にやるべきこと)とも言えます。

証券口座の開設は、1〜4週間ほどかかるので(証券会社によって異なります)投資を始めたいと思った時が開設をするタイミングです。

証券口座の開設は一見ややこしい手続きがあるように思われますが、スマホを使って簡単に行うことができます。マイナンバーカードを持っていると手続きがスムーズに行えますので、まだマイナンバーカードを発行していない方はこの機会に発行するようにしましょう。

筆者の体験談
私がまだ投資をしていない頃、投資を始めたいと思いながらもなかなか出来ずにいました。なぜなら証券口座の開設は面倒、怖いと思っていたからです。私にとって証券口座の開設は超えるべき壁だったのです。

しかし、実際に手続きをしてみると、簡単にできることに驚きました。そして、誰でも無料で開設することができるので、証券口座を開いたからと言ってお金が減るわけではありません。実際に証券口座を開設した後は、こんな簡単なことをなぜもっと早くしなかったんだ。と思った記憶があります。ちなみに、現在では8つの証券口座を開設しています。

きっと私のように証券口座の開設にハードルを感じている人もいると思います。でも大丈夫です!30分もあれば手続きは終わりますし、証券口座を開設しただけではお金は1円も減ることはありません。投資を始める第一歩としてぜひ挑戦してみてくださいね。

2021年現在、投資初心者にオススメの証券会社は「楽天証券」

数ある証券会社の中から、投資初心者にオススメの証券会社は楽天証券です。

なぜなら楽天証券は他の証券会社に比べ、圧倒的に見やすくて操作が簡単だからです。

さらに、楽天証券では楽天カードを使って積立投資ができます。その際、毎月上限5万円分まで、積立金額の1%がポイント還元されます。仮に毎月5万円分を楽天カード決済で積立投資をすると、毎月500円分のポイントがもらえます。1年間で6,000ポイントがもらえるということです。

証券口座をおトクに開設する方法

証券口座を開設する際、証券口座のホームページから直接手続きをしようとしていませんか?
実は、ポイントサイトを経由することで、お得に証券口座を開設することができるんです。
そして、どこのポイントサイトが1番お得かを調べる方法も存在します。それが「どこ得」というサイトを利用することです。

例えば、楽天証券の口座を開設したい場合、検索欄に「楽天証券」と入力すると下記のような画面が出てきます。

 

どこ得

 

還元率の高いポイントサイトを一覧で表示してくれます。楽天証券の場合、口座を開設するだけで、最高4,000円分キャッシュバックされることが分かります(2021年9月現在)。

このようなサイトも活用しお得に証券口座の開設を行ってみてください。

ステップ4:実際に投資をする

証券口座の開設ができたなら、実際に投資をしていきましょう。

投資は慣れることも大切です。投資の知識を詰め込んでも実践しなければ意味がありません。ステップ1で毎月投資に回せる金額が分かり、ステップ2で投資の目的や目標を決めたのであれば、あとは実行するのみです。

投資可能額や投資の目的によって投資手法は変わってくるとお話ししましたが、1章でお伝えした「投資初心者にオススメの投資方法3選」を参考に、自分に合った投資手法を見つけて投資を始めてみてください。

とは言っても、投資を実際に始めるのは勇気がいることですよね。そこで、投資初心者が投資で失敗しないための要素をまとめてみたので、次の章で詳しくみていきましょう。

投資初心者が投資で失敗しないために心得ておくべき5つのこと

これまで、投資初心者にオススメの投資方法や、実際に投資を始めるまでのステップをお伝えしてきましたが、投資での失敗を避けるためにも、以下の5つのことを心得ておいてください。

  • リスクがあることを理解しておく
  • 生活に影響がでる投資はしない
  • 分からないものには投資をしない
  • 他人のオススメを鵜呑みにしない
  • 長期・積立・分散投資でリスクを抑える

リスクがあることを理解しておく

投資にリスクはつきものです。失敗しづらい投資商品と言えども、投資に変わりはありません。

投資における「リスク」とは「振り幅」のことを意味します。リターンが大きくでる投資商品であればその分リスク(振り幅)も大きくなりますので、マイナスも大きくなる可能性がある、ということです。

メリットばかりに目を向けず、デメリットも理解した上で投資をするようにしましょう。

主なリスク
価格変動リスク
投資信託の組入銘柄の価格が変動することで、基準価格が変動する可能性があること。
信用リスク
→組入銘柄の国や企業が財政難や経営不振におちいった場合、利払い・償還金の支払いが滞る可能性があること。投資している投資信託の組入銘柄が将来も存続しているかは不確かなことです。
為替変動リスク
→為替レートが変動する可能性があること。外国の銘柄を組入れている投資信託は基本的に為替変動リスクがあります。

以前『投資信託の失敗実例と回避方法-投資する前に知っておくべき3つのこと』という記事の第4章に「投資信託の主な3つのリスクと取るべきアクション」を記載していますので、ぜひそちらもご確認ください。

生活に影響がでる投資はしない

投資は必ず余剰資金で行うようにしましょう。投資に元本保証はありません。先程のリスクのところでもお話ししましたが、リターン(利益)が見込める分マイナス(損失)になる可能性も秘めています。生活費を投資に回すことはしないよう気をつけましょう。

その為にも、家計の管理をしっかり行い、毎月どれくらい投資に回せるお金があるのか把握する必要があるのです(2章:投資の始め方ステップ1参照)。

そして「生活防衛資金」は必ず確保したのちに投資を始めるようにしましょう。

生活防衛資金とは

突然失業してしまったり、病気で働けなくなったり、人生には何が起こるか予想ができません。いざという時のためのお金を「生活防衛資金」と言います。最低でも毎月の生活費の3ヶ月分はすぐに使えるお金として用意しておくようにしましょう。

分からないものには投資をしない

分からないものには投資をしない。これは投資における鉄則です。必ず自分が納得した投資商品にのみ投資を行うようにしましょう。なんとなく儲かりそうだから、流行っているからという理由で投資を行うと大失敗に繋がりかねません。

投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェット氏の格言に以下のようなものがあります。

理解できないビジネスには、決して投資してはいけない
Never invest in a business you cannot understand.

投資の神様でさえ、理解できないものには投資をしていません。投資初心者がそのようなものに投資をして成功するはずがありません。

他人のオススメを鵜呑みにしない

他人にオススメされた投資商品をそのまま購入するのは危険です。

例え、相手が証券会社や銀行の営業マンといった投資のプロであっても、対象の投資商品がどんなものなのか、必ず精査するようにしましょう。

なぜなら、彼らは営業マンなので、顧客本位ではなく業績重視の提案がある場合があるからです。また、最近ではSNSを通して投資関連の情報収集をする方も多いと思います。有名投資家やフォローしている投資家のオススメする投資商品が必ずしもいいものとは限りません。

投資で成功している人がオススメしている商品であっても、分からないものには投資をしないを徹底することが投資での失敗を避けるコツになります。

長期・積立・分散投資でリスクを抑える

投資初心者が投資で成功する秘訣は

  • 長期・積立・分散投資

でしたね(第1章参照)。逆をいうと、投資での失敗を避けるには、上記に該当しない投資はしないこと、と言えます。投資を始める第一歩として、資産の土台となるものは「長期・積立・分散投資」をしてリスクを抑えるようにしましょう

土台となる資産形成ができており、さらに余剰資金がある方は、他の投資手法を試すのもありです。しかしリスクは自己責任となりますので、慎重に行うようにしましょう。

投資のピラミッド

投資初心者からの疑問にお答えします

ここでは、投資初心者からよくいただく質問にお答えしていきたいと思います。質問内容が下記の5つです。気になる内容があれば、回答を参考にしてみてください。

  • 投資の初期費用がなくても投資はできますか?
  • 投資の種類が色々あって迷うのですが、何から手をつけるべきですか?
  • 投資を始めるにあたって投資のセミナーに参加する必要はありますか?
  • 独学での投資は失敗しやすいのでしょうか?

 

投資の初期費用がなくても投資はできますか?

はい、できます。

1章の「投資初心者にオススメの投資方法3選」で紹介した、積立投資・ポイント投資・少額での株式投資は、初期費用は特に必要ありません。

以下の理由により、初期費用がなくても投資をすることは可能になります。

  • 積立投資→毎月指定した額を投資していくもので初期費用は必要なし
  • ポイント投資→ポイントを利用するため資金は必要なし
  • 少額での株式投資→1株や金額指定(100円〜)をして株を購入することができるので初期費用は必要なし

投資の種類が色々あって迷うのですが、何から手をつけるべきですか?

投資の種類としては、1章でお伝えした「投資信託での積立投資」から始めるのをオススメします。その理由は1章で詳しく書いていますので、再度ご確認ください。

また、投資を始める前段階の「収支管理」や「投資の目的・目標」が出来ていない・決まっていない場合、そちらも手をつけるようにしましょう。

2章の「投資を始めるステップ」で詳しく解説しています。

投資を始めるにあたって投資のセミナーに参加する必要はありますか?

投資の知識が深まるため、参加することをオススメします。

投資関連のセミナーはほとんどが2時間〜3時間といった時間が設けられています。セミナーへ参加すると、その時間内で投資の知識を吸収しようと集中することができます。よって、効率的に投資の知識が得られるのです。

ただし、注意点もあります。セミナー主催者側の開催意図を認識することです。セミナー参加後に怪しい投資商品や商材を売りつけられ、失敗したことがある。という方もいらっしゃいます。

そうならない為にも、セミナー主催者がどんな人なのか、どんな会社なのかは把握して参加するようにしましょう。

弊社運営の投資セミナーは基本的に勧誘なし

弊社の運営する「投資の達人になる投資講座」はのべ7万人が参加した人気セミナーとなっています。投資の基礎知識や株式投資を学びたい方にオススメできるセミナーです。

弊社は投資のオンラインスクールを運営する会社となっていますので、投資における中立性を担保しております。投資商品を売りつけることは一切ありません(スクールの案内はあります)。また、オンラインで受講可能なので当セミナーで気軽に投資の知識を学んでみてください。

達人講座LP

独学での投資は失敗しやすいのでしょうか?

一概には言えませんが、独学での投資は失敗をしてしまったり、回り道をしてしまう可能性があります。

やはり、成功する上での1番の近道は、その道で成功している人に教えてもらうことです。その点、弊社スクールでは、名だたる投資のプロが講師を勤めていますので、投資の生々しい情報や講師の投資体験談などを聞くことが可能です。日本のみならず、海外の有名投資家の動画も視聴することができます。

スクールに通わなくとも、周りに投資の知識がある人や実際に投資をしている人がいるならば、積極的に関わりをもち、情報交換の場を広げるようにしましょう。

投資初心者だった私が投資を始めるまで

誰もがみな、初めは投資初心者です。かく言う私も、少し前までは投資の知識が全くない投資初心者でした。

ここでは、投資初心者だった私が、どのように投資を始めたのかその方法をお伝えし、少しでも皆さまの投資ライフをスタートするお役に立てればと思います。投資初期の頃に始めたつみたてNISAの運用成績を冒頭でお伝えしましたが、こちらでも公表したいと思います。

投資を始めるまでを時系列にしてみました。

投資を始めるまでのストーリー

  1. 投資で資産形成をしたいと思いつつも、何から始めたらいいのか全く分からず、後回しにしていた時期が2〜3年
  2. そろそろ本気で投資をしたい。しかし何も分からないので日経Womanの「1,000万円の資産を作る」本を購入してみる。どうやらiDeCoとNISAがオススメらしいと知る
  3. iDeCoやNISAをやるにしてもどうやって始めるのか、何をしたらいいのかが全く分からず一旦諦める
  4. 様々な投資セミナーへ参加し投資の知識が少し身につく
  5. 他とは違う投資セミナーの質に感動し、(株)Free Life Consultingへ入社を決める
  6. 周りに投資をしている投資家ばかりで投資へのハードルが下がる
  7. 思い切って証券口座を開設、収支の管理を始める
  8. つみたてNISAから投資を始め、現在は株式投資・ETF等投資幅を広げている

投資を始めるまでの投資意欲度

私の場合、投資スクールを運営する会社に入社できたことが大きかったです。しかし、これは行動し続けた結果です。投資セミナーに参加していなければ、今の私はありませんでした。

この記事を読んでくださっている方の中には、周りに投資をしている人がいない、投資家仲間がいない、と悩んでいる方もいると思います。そんな時こそ行動に移すことを意識してみてください。

実際に私が投資を始めた具体的なステップは、第2章でお伝えしました。必ずしも私と同じように行う必要はありませんが、何か参考に行動に移してみてください。

つみたてNISAの運用成績

投資初期の頃に始めたつみたてNISAの現在の運用成績は28%となっています(2021年9月現在)。
私は老後資金目的でつみたてNISAを利用していますので、基本的にほったらかしにしています。毎月自動的に積立設定してくれるので便利ですし、定期預金に比べると圧倒的に増えるスピードが違うことがわかるはずです(元本保証はありません)。

まとめ

今回の記事では「投資初心者は何から始めるべきか」という課題にフォーカスしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

何かひとつでも参考になれば幸いです。本日お伝えした内容を最後にまとめましたので、復習にご利用ください。

 

投資初心者にオススメの投資方法3選
  • 投資信託での積立投資
    →つみたてNISAがオススメ
  • ポイント投資
  • 少額での株式投資
投資初心者が投資を始めるまでの4ステップ
  • ステップ1:収支を把握する→毎月いくら投資に回せるか把握する
  • ステップ2:投資の目的・目標を考える→投資手法を決めるためにも必要
  • ステップ3:証券口座を開設する→投資初心者は楽天証券がオススメ
  • ステップ4:実際に投資をする→投資の目的等に応じた投資を実践する
投資初心者が投資で失敗しないために心得ておくべき5つのこと
  • リスクがあることを理解しておく
  • 生活に影響がでる投資はしない
    →生活防衛資金は確保する
  • 分からないものには投資をしない
  • 他人のオススメを鵜呑みにしない
  • 長期・積立・分散投資でリスクを抑える
投資初心者からの質問への答え
  • 投資の初期費用がなくても投資はできますか?
    →はい、可能です。
  • 投資の種類が色々あって迷うのですが、何から手をつけるべきですか?
    →オススメは投資信託での積立投資です。
  • 投資を始めるにあたって投資のセミナーに参加する必要はありますか?
    →セミナーに参加することで投資の知識が身につきます。
  • 独学での投資は失敗しやすいのでしょうか?
    一概には言えませんが、独学での投資は失敗をしてしまったり、回り道をしてしまう可能性があります。成功する上での1番の近道は、その道で成功している人に教えてもらうことです。
記事一覧はこちら

コメント