0120-99-8385

全日9:00-18:00受付(一部、長期休暇を除く)

※受付電話ですので必ず「GFS」の件とお伝えください。
折り返し担当者からご連絡します。

\取材歓迎/
取材お申込は
こちら

COLUMN
- コラム -
ホーム > コラム > 元記者スタッフが取材! > GFSの「ニュース解説」講義は、投資の役に立つの?

GFSの「ニュース解説」講義は、投資の役に立つの?

GFSの「ニュース解説」講義は、投資の役に立つの?

グローバルファイナンシャルスクール(GFS)は、「ニュース解説」の講義にも力を入れています。投資を成功させるには、国際情勢や経済の動きに常に敏感である必要があるからです。ホットな海外の経済事情、ニュースで報じられた話題の企業などについて、一流講師陣が解説しています。運営会社社員で、元記者の筆者がご紹介します。

GFSの「ニュース解説」講義はどんな内容?

シーゲル教授との対談

(GFS講義 緊急収録!シーゲル教授と上野の遠隔対談「コロナ後の相場予想」より)

 

2020年5月10日(日本時間)、グローバルファイナンシャルスクール(GFS)の講師で、米ペンシルバニア大のMBAウォートンスクールのジェレミー・シーゲル教授と、東南アジアへの不動産投資の成功で有名なGFS講師の上野ゆきひろ氏が、リモートで緊急対談しました。

 

米国のシーゲル教授の自宅をZOOMでつなぎ、上野氏が「コロナ後の相場予想」について詳しくインタビューしました。

 

この対談のなかでシーゲル教授は、「緊急対策で国民にばらまかれたお金が株式市場に流入し、株価は年内にも回復。数年後に3~4%のインフレが発生する」と予想しています。その根拠やけん引役となるセクター、さらに不動産の動向などを解説していました。

 

この後、予想はほぼ当たり、日本でも2021年2月に、株価が30年ぶりに3万円台になりましたよね。シーゲル教授も、上野氏も、客観的なデータを徹底的に集めて分析することで知られており、臨場感あふれる講義となっています。

 

シーゲル教授について、こちらもぜひご覧ください

200年間分のデータで投資分析、ジェレミー・シーゲル氏

 

このように、グローバルファイナンシャルスクール(GFS)では、そのときどきの国内外のホットな経済の話題を客観的に掘り下げる「ニュース解説」の講義をお届けてしております。

 

最近では、やはりコロナ渦ということもあり、コロナに関連するニュースを取り上げた「なぜコロナ渦で株価が上昇しているのか」という講座が人気を集めています。

なぜニュースを知ることが投資に必要か?

米中貿易戦争についての解説講義

(GFS講義 2019年1月28日配信 米中貿易戦争のこれまでの経緯〜前編〜より)

 

筆者の友人で、投資で7億円の資産を得て30代でアーリーリタイアした人がいますが、彼はいつも「国際情勢に詳しくないと、投資は成功しないよ」と言っていました。いま経済は、一つの国だけでは完結しません。世界の国々が影響しあっています。それが株価等にも影響しますから、外国の出来事であっても、詳しく知っておく必要があるのです。

 

グローバルファイナンシャルスクール(GFS)では、現在の世界の経済情勢の最も重要なファクターである、米中貿易戦争についても、これまでの経緯と経済への影響について、基礎の基礎から教えています。

 

米中貿易戦争については、日々のテレビや新聞、ネットの報道で、なんとなく耳には入っていますが、体系的に、かつ、その影響まで追うのは大変ですよね。いろんな書籍が出版されていますが、ひととおり読むのも大変です。

 

この講義では、2018年の米中貿易戦争の始まりから学べます。

トランプ大統領が、中国の安い鉄鋼・アルミニウム製品に関税を強化したのが、そもそもの発端です。なぜ、トランプ大統領が鉄鋼・アルミニウム製品に注目したかというと、それらは戦闘機や軍艦の製造に使われるため、安全保障上の脅威になるから、というのが理由です。

 

こうやってニュースの背景を学ぶと、経済はどうやって動くのか、という「仕組み」がだんだんわかるようになり、ひいては、現在の事象も自分なりに分析できるようになるのです。

 

ニュースを深く理解することは、経済、投資においても、とても重要なのです。

話題の銘柄についてもプロ目線で詳しく解説

そのときどきに人気を集めている話題の企業の銘柄についても、「ニュース解説」シリーズとして講義が行われています。その銘柄を推奨するものではありません。銘柄の分析法などのポイントを押さえ、ご自身で判断するための参考にする、という趣旨です。

 

校長の市川雄一郎による、ある食品メーカーについての講義では、まず明治時代の創業にさかのぼって企業の歴史を学びます。その銘柄、その企業を知らずして、株式投資の成功はありません。創業者の行動や理念、会社の所在地、主力製品の詳細、シェア、成長の理由、連結事業の国際展開などについて、明治、大正、昭和、そして現在までの企業行動の変遷を解説しています。

 

投資のプロは、こうやって銘柄を分析するんだな、ということが、よく分かる講義内容となっています。

 

いかがでしたか? 投資を成功させるには、歴史を知り、企業を知り、国際情勢も理解することが必要なんですね。グローバルファイナンシャルスクール(GFS)では、客観的なニュース解説や、必要な情報を効率的に学べる講義を揃え、いずれ、ご自身で分析や情報収集ができるようにお助けすることを狙いとしています。

 

筆者も、経済史や企業史を勉強することで、経済がわかり、社会がわかり、知的好奇心も満たされ、投資にも役立ちそうで、講義動画の視聴はとても楽しい時間となっています!

ぜひ、この楽しい講義をご一緒に!

 

【関連記事】

GFS講義でも人気の「100円投資」。株式投資家デビューも少額からできる?

800人が集まるライブ講義は活気にあふれています!

GFSの約1,000講座のメニュー、本当に使いこなせるの?使い方を検証しました