0120-99-8385

受付時間:平日9:00-18:00

※受付電話ですので必ず「GFS」の件とお伝え
ください。折り返し担当者からご連絡します。

\取材歓迎/
取材お申込は
こちら

COLUMN
- コラム -
ホーム > コラム > 元記者スタッフが取材! > 【GFSのスタッフはどんな人たち?vol.1】社員おすすめ芝浦グルメベスト5!

【GFSのスタッフはどんな人たち?vol.1】社員おすすめ芝浦グルメベスト5!

【GFSのスタッフはどんな人たち?vol.1】社員おすすめ芝浦グルメベスト5!

グローバルファイナンシャルスクールでは、入校されたお客様に対して、最後まで楽しく勉強を続けていただけるよう、スタッフやコンサルタントが、日々、カウンセリング業務を行うなど、安心安全にご自身の力で投資ができるまで、サポートをさせていただいております。

グローバルファイナンシャルスクールのオフィスは東京の湾岸、芸能人も集まるおしゃれな芝浦にあります。

社員は、20代30代の若者が中心。その熱い人柄を、社員いきつけ芝浦グルメのベスト5とともにご紹介します。

グローバルファイナンシャルスクールのスタッフってどんな人たち? 芝浦グルメでがんばっています!

グローバルファイナンシャルスクールを立ち上げるまで、社員たちは、朝から晩まで、会社に数日泊まり込んで合宿するなどして、企画を練りに練りました。日本では、投資というと、「金の亡者」というイメージがまだあって、投資をする人に対しても、投資教育をする人たちに対しても社会の偏見がまだあります。

 

それを払しょくするために、とにかく「お客様のためになることはなにか」を徹底的に話し合ったのです。会議の合間におなかがすくと、オフィス近くのごはん屋さんにみんなで繰り出し、さらに熱く議論をします。

昼はラーメン、夜はおでん。芸能人も集まる「斬鉄剣」

おでん屋さんの外観

 

オフィスのすぐ近くの木造一軒家「斬鉄軒」です。

お昼は、東京の、チャーシュー入り正統派醤油ラーメンがおいしいお店で、夜はおでん屋さんになります。なんと、稲垣吾郎さんもよくいらっしゃるとか。さすがおしゃれな芝浦です!

ジュリアナ荒木師匠の弟子のいきつけ、焼き肉「漢城軒」

焼肉屋さんの内観

 

グローバルファイナンシャルスクールでは、女性社員も大活躍しています。彼女たちが会議がてら通うのは、この眺めのよい焼き肉店「漢城軒」。

 

お肉のイメージ

 

こんなお肉もありますが、漢城軒は、1000円で美味しくてお腹いっぱいになるランチセットが魅力!石焼でグツグツいいながら出される「姫チゲ」が美味しいので、 辛いのが大丈夫な人には姫チゲが入っているセットがおすすめとのことです(^^)

 

話は変わりますが、芝浦といえば、バブル時代に「ジュリアナ」というディスコが大変な話題になっていましたよね。羽がいっぱいついたふさふさの扇子「ジュリ扇」を振って、お立ち台に載って、ワンレングスという髪型、ボディコンシャスなミニ丈のワンピース姿で、若い女性たちが踊り、ジュリアナの前には、彼女たちを送迎する「アッシー」とよばれる高収入・高身長・高学歴な殿方が車でのりつけていました。

その女性たちの中から荒木久美子さんという女性がメディアに登場するようになり、そのしっかりした性格から「荒木師匠」とよばれていました。なんと、荒木さんは、いまは婚活セミナーの主催者なんだそうです。

 

当社の営業部員Tは、バブル世代ではなく、若いですが、荒木師匠の婚活セミナーに行き、そのしっかりした性格を見込まれ、師匠の「ジュリ扇エクササイズ」のビデオのバックダンサーを務めるまでになりました!

 

ジュリアナエクササイズ

 

右端が営業部員Tであります。話が脱線して恐縮です!

社員第1号のデザイナーが大好きな欧風カレー「Bondy」

芝浦グルメ

 

欧風カレーの専門店「ボンディ」も社員に大人気です。

 

オンラインの投資の学校を経営する当社は、IT企業としての側面もあります。ITというと、男性社員がピリピリしながら働くイメージもありますが、当社のデザイナー集団は、これまた女性がメイン。彼女たちを率いる男性デザイナーKは、部下の女性たちから「びっくりするぐらい優しい」と感謝されるほど、親切な人柄で知られ、当社の社員第一号です。

 

Kは「ランチ1,500円とちょっとお高いですが、満足感が半端無いです。 つきだしで最初に出されるジャガイモ2個もおいしいです」と話しています。

校長、市川雄一郎は実は辛党^^タイ料理「ソムタムカフェ」

ソムタムカフェ

 

ソムタムカフェは、タイ料理。

 

名物は、青パパイヤのサラダですが、唐揚げも美味しいです。グローバルファイナンシャルスクールの校長、市川雄一郎もここの大ファン。辛さのグレード「1辛」が唐辛子半分なのですが、市川は6辛(唐辛子3本分)を涼しい顔して、ペロリと食べます。

現在は、コロナ対策で、土日のみの営業です。店長さんは「最近は、発酵料理がブームなので、チュニジア人シェフがつくる発酵クスクスとかやってます、ぜひ来てください」と話しておられます。

ヌーベルシノワ「倶楽湾」は、まるでShanghaiにいるみたい

ヌーベルシノワ

 

最後は、昨年12月に入社したばかりの筆者おすすめのヌーベル中華の名店です。入社式のあと、上司・先輩のみなさんがここのランチに連れていってくれました。1300円でエビマヨ(揚げてあった!)が、洗練されていて、かつとても美味でした。

 

ここは、オープン時には、長嶋監督もいらしたというセレブなお店。倶楽湾。グランドピアノもあって、ここは上海!?と思うほどゴージャスな雰囲気です。

 

筆者は、前職では、ファッションを報道する専門記者で、上海にも取材に行きました。あのころ、筆者は、パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨークのファッションショーを追いかけ、大活躍だったなあ、男女雇用均等法世代のパイオニアとしてがんばったよなあ、と遠い目。そして、ここ芝浦で、また、大好きな仕事を、投資のオンラインスクールという最先端の仕事をがんばるぞ!と燃えているのです。

 

 

<紹介したお店>
斬鉄剣
田町 漢城軒
ボンディ 芝浦店
ソムタムカフェ
倶楽湾

 

【関連記事】

【GFSのスタッフはどんな人たち?vol.2】GFS企画部部長、金融教育にかける熱い想いとは?