0120-99-8385

全日9:00-18:00受付(一部、長期休暇を除く)

※受付電話ですので必ず「GFS」の件とお伝えください。
折り返し担当者からご連絡します。

\取材歓迎/
取材お申込は
こちら

COLUMN
- コラム -
ホーム > コラム > 元記者スタッフが取材! > 【データでみるGFS vol.3】レギュラー講師陣の評判は?(後編) 体系的に実践的に

【データでみるGFS vol.3】レギュラー講師陣の評判は?(後編) 体系的に実践的に

【データでみるGFS vol.3】レギュラー講師陣の評判は?(後編) 体系的に実践的に

グローバルファイナンシャルスクール(GFS)では、基礎から体系的に、実際の投資に役立つ正しいスキルが身につく動画講義を多数、ご用意しています。熱意あふれるレギュラー講師陣は、各界の第一人者ぞろいです!元新聞記者で、運営会社社員の筆者がご紹介します。

GFSレギュラー講師陣は、体系的な知識を教える専門家ぞろい

生徒数が6,000人を突破したグローバルファイナンシャルスクール(GFS)が誇る、レギュラー講師陣紹介の後編です。初心者が基礎の基礎から学べるほか、約1,000講義におよぶ動画講義は、体系的に幅広く、かつ、実際の投資にも役立つ内容となっています。

 

体系的な知識は、自立して投資を行うのにとても役に立ちます。グローバルファイナンシャルスクール(GFS)の講義は、経済史から金融、相続、保険、不動産までカバーしています。グローバルにお金の流れをつかめるようになり、お金が集まるところに投資をしていくことができるようになるのではないでしょうか。

米国不動産の専門家 木村真治(全米リアルター協会認定国際不動産スペシャリスト)

GFS講師 木村 真治

 

では、講師陣の紹介をしていきましょう。

「完全に人任せでは、投資は成功しません」と話すのは、全米リアルター協会認定国際不動産スペシャリスト(CIPS)、同不動産経営管理士(CPM)の木村真治さん。リクルートコスモス、プルデンシャル生命保険勤務を経て、TXコンサルタンツ設立。世界最難関と言われるCIPS獲得を通して得た豊富な知識と経験を背景に、安全資産である米国不動産の正しい価値を伝えるコンサルティングを展開しています。

 

木村さんは、米国不動産の投資のためには、前準備が重要だとも指摘します。米国は金利が高く、日本人は資金を借りにくいこと、アメリカでの口座開設から法人設立のための準備、米国の税制など、アメリカでビジネスをするための準備について学べます。

藤本誠之(マーケットアナリスト)

GFS講師 藤本 誠之

 

マーケットアナリストで、日本証券アナリスト協会検定会員の藤本誠之さん。「相場の福の神」の名称でメディアでも活躍しています。「まいど!」のあいさつ、明るいトークが人気です。年間400社の上場企業経営者との面談を行い、個人投資家に真の成長企業を紹介しています。日興證券、マネックス証券、カブドットコム証券、SBI証券などを経て、現在は、財産ネット株式会社の企業調査部長です。

 

「半歩先を読みましょう」がモットー。「トレンドには逆らわないように」ともアドバイスしています。企業の決算発表がぎりぎりの時期に多数集中することについて、「勉強しなかった子供が、夏休みの宿題を最後の日にやっつけるのといっしょ。業績の悪い企業は目立たないようにぎりぎりの時期に、大勢の会社にまぎれて発表したがる」というこぼれ話も。投資家としては、面倒がらず、ちゃんと目を通すことが必要、ということが伝わってきます。

中小型株のトップアナリスト 太田忠(太田忠投資評価研究所株式会社 代表取締役社長)

GFS講師 太田忠

 

「漫然と投資をやらず、正しいスキルを身につけて、資産を増やしてください」と話すのは、太田忠さん。ジャーディン・フレミング証券やJPモルガン証券にて中小型株のトップアナリストとして長年活躍しました。JPモルガン・アセット・マネジメントではマネジングディレクター兼シニアファンドマネジャーを務めました。

 

GFSの講義では、「マーケットは非日常の世界。社会常識は通用せず、人知を超えて衝動的に動く。なので、投資家は自分の弱点を明確に把握し、自分にあった投資スキルを手に入れましょう」と説いています。筆者は太田さんの講義を聞いて、投資に成功するには、恐怖心の克服、スキルを身につけることが一番大事なんだなと実感しました。

 

起業家の視点を投資に役立てる 田所雅之(連続起業家)

GFS講師 田所 雅之

 

最後にご紹介するのは、日本で4社、シリコンバレーで1社を起業した連続起業家の田所雅之さん。講義では、投資に役立つ企業家の視点を学ぶことができます。2014年から2017年までシリコンバレーのVC(ベンチャー・キャピタル)のパートナーとしてグローバル投資を行ってきました。

 

田所さんは「スタートアップ企業の資金調達は、オークションと同じ」と表現しています。投資家から資金を集める場合、まずは低めに金額を設定するのがコツだそうで、確かにオークションと同じですね。投資家というのは、定点観測をするもので、常に成長している企業に資金が集まるのだそうです。

 

視野を広げて、起業家の視点までおさえておくと、どんなところに投資するのが効果的か、判断していくことができるんですね。

 

いかがでしたか?

どの講師も、分かりやすく親切に、熱意をもって、オンライン講義に取り組んでいます。体系的な幅広い投資の知識が身につくグローバルファイナンシャルスクール(GFS)の、レギュラー講師陣の紹介でした!(前編の記事はこちら)

 

【関連記事】

・GFS校長、市川雄一郎ってどんな人?サイバー大学の信頼厚い人気講師!

・GFS校長、市川雄一郎は、メディア・銀行・東京証券取引所の知恵袋!